アイドマ・ホールディングス社員 中村光太郎 マーケティングプロデューサー

f:id:jpaidmahd:20210403192144j:plain

アイドマ・ホールディングスに入る前と、入ったあとのギャップについて
代表が前職の上司であり、そのご縁もあってアイドマ・ホールディングスに入社致しました。
アイドマ・ホールディングスが設立されてから早い段階で入社しましたので、当然大変なことは多いと感じてましたが、当時はワクワクする気持ちの方が上回ってました。
入社後は、創業フェーズということもあり様々な仕事にチャレンジさせて頂き、会社の成長ともに自分自身の成長をより実感することができました。

 

現在までのキャリアフローについて
入社してからはずっとセールス部門でお客様の支援を行っておりました。
会社の成長とともに組織も明確化してきて、営業責任者も経験致しました。
直近ではお客様の満足度向上を目指して、セールスと支援の分業体制などの構築を行ったりしていました。
その後、マーケティング課の責任者としてお客様の支援をしているコールセンターの管理を行い、400社近いお客様の支援・約1,000名の在宅ワーカーの方の支援を行っております。

 

現在チャレンジしていることについて
アイドマ・ホールディングスが持つビックデータを活用して、更なる新サービスの企画などを行ってます。
また、今後はアイドマ・ホールディングスで働いてくれている在宅ワーカーのメンバーがもっと働きやすくなる仕組みや制度なども考えて
長くアイドマ・ホールディングスと一緒に成長していける環境作りなどにもチャレンジしていきたいと考えてます。
環境を作ることで働ける方を増やしていきたいとも考えてます。

 

未来の仲間へのメッセージ
できればアイドマが実現したい経営理念やビジョンに共感して頂ける方と一緒に仕事がしたいです。
せっかくアイドマという会社を選んでくれた仲間なので、同じ方向を向いて切磋琢磨しながら会社の成長と自身の成長を考えていければと思います。まだまだ成長フェーズの会社ですので、一緒にワクワクしながら仕事しましょう!

 

アイドマ・ホールディングス社員 渡辺美秋 コンサルティング営業

f:id:jpaidmahd:20210403191840j:plain


アイドマ・ホールディングスに入る前と、入ったあとのギャップについて
入社した経緯として、事業の将来性や、社会貢献性が高いと感じたことです。日本の将来を支えるサービスだと思いました。
また、自身が成長したいこともあって、アイドマ・ホールディングスの成長スピードを色々調べて、ここなら成長できると思いました。入社してみてからもほとんどイメージ通りでしたね。前職ではサービスを自信をもって薦められない瞬間があったけど、アイドマのサービスは心からお客様に薦めたいと思いました。また、新規事業や、体制変更などのスピードが想像以上に速いことには驚きました。
代表の考えを全社的に共有しているから、みんなが同じ方向に向かっていると感じながら日々仕事に取り組んでいます。

 

現在までのキャリアフローについて
現在は電話営業でアポイント取得することが多いのですが、いかに商談の入り口をつくるかということ考えてやっています。
電話営業はやったことがなかったので難しいと感じるのと、PDCAを回すことが苦手なので、振り返りと視野を広げるために周りに聞くことに注力しています。
また、初めは営業の”型”を作れてなかったのですが、練習してそれが身について、伝えたい事が伝えられるようなったのと、色々な場面で応用出来る様になりました。ですから最近は電話営業だけでなく新規商談をする機会も増えています!自分が考えた企画やトークが上手くいってお客様に貢献していると感じたとき特にやりがいに感じます。

 

現在チャレンジしていることについて
現在チャレンジしていることは、電話営業においてアポイント取得の確率を上げること、電話営業や新規営業において話す内容をグレードアップしてアイドマの価値を伝えられるようにすることです。
アイドマのサービスを良いと思ってもらって、次の提案をもらえるようにしていきたいですね。そのために日々ロールプレイングをする、自分の新規商談時の音声と上司の音声を比べてみる等改善を繰り返しています。
自分の営業力レベルを上げて、困っている経営者を助けられるようになりたいですね。

 

未来の仲間へのメッセージ
成長したい人にはお勧めです。ベンチャーなので自分で動く習慣がつきます。
切磋琢磨できる環境もあって、周りに営業力が強い人が多いです。
仕事に対して貪欲、前向きにとらえる人が多いからだと思います。
経営者の方に営業していることもあり、難しさもありますが、仕事のレベル感が高いです。
また、人間関係がフランクなのもいいです(笑)。人のリレーションが良いからですかね。仕事の息抜きも出来るのもポイントかもしれません!

アイドマ・ホールディングス社員 西江 美幸 バックオフィス

f:id:jpaidmahd:20210403191645j:plain

アイドマ・ホールディングスに入る前と、
入ったあとのギャップについて
平均年齢が比較的若い会社ですが、みんな誠実で真面目。相手の立場に立って行動できる方が多いことに驚きました。スピード感もあり、結果にも徹底的に拘っていて、コアな時間にはプロフェッショナルとして集中して取り組んでいます。当社には、すべての人の夢の実現に貢献するという経営理念、世界の可能性を広げるというビジョン、そして、行動規範として、9つの約束というものがありますが、社員全員がそれぞれを自分自身の中に落とし込んで、日々行動していると感じます。同じ方向を向いているからこそ引き出されるパワーは想像以上のものがあり、常に良い刺激を受けながら、仕事に励むことができています。

 

現在までの
キャリアフローについて
2015年に入社し、ママワークス(在宅ワーク求人サイト)の立ち上げに携わってきました。新規営業、登録者対応、サイト改善のための業務など、ママワークスに関するありとあらゆる業務を進めていました。
その後、第二子出産のために産休育休を取り、2018年4月に復帰。
現在は、BIZMAPという新規事業に携わっていて、全国のママを中心とした在宅ワーカーさん(約100名)にライティング業務の依頼・確認・管理などをしています。
当社で開発したmeet in(オンラインミーティングシステム)などのツールをフル活用して、働きたくてもなかなか外に出て働けない方と直接やり取りしていると、微力ではありながらも、誰かの夢の実現に貢献できていたり、可能性を広げるお手伝いができているかな、と感じることができています。

 

現在チャレンジしている
ことについて
働きたくても働けない方々の働く機会を、今以上に創出していきたいと考えています。現在、たくさんの在宅ワーカーさんたちと直接やり取りする機会があり、自宅で働けることに感謝していただけています。
それがやりがいにも繋がっているので、もっと大きい規模で、しかもいろいろな形で広げていくことが今後の私自身の目標です。自分自身も育休中に自宅で仕事を続けていたのですが、キャリアを完全に中断することなく仕事を続けられたことは復帰の際の負担もかなり軽減されたと思います。少子高齢化が進む中で、一人一人の生産性が上がり、且つ、心の充実度も上がるような事業に挑戦し続けていきます。

 

未来の仲間へのメッセージ
確固たる経営理念・ビジョンの実現に向け、かなりのスピードで時代の変化に合わせながら進化し続けている会社です。まだ営業支援という事業がメジャーではなかった10年前からずっと営業支援事業をメインとして行ってきている会社ですが、営業手法、システム、社員教育諸々、最速でPDCAを回し、改善され続けているので、1年前の同じ時期と比べると見える景色がかなり違います。
自分の頭で考え、自ら行動できる方でないと厳しいと感じる環境かもしれませんが、その分、今まで経験したことのない達成感や感動、喜びなども感じられる会社だと思います。当社の経営理念やビジョンに共感していただける多くの方と共に進み、実現する日を楽しみにしています!

アイドマ・ホールディングス社員 稲川望咲 マーケティングプロデューサー

f:id:jpaidmahd:20210403191512j:plain

アイドマ・ホールディングスに入る前と、
入ったあとのギャップについて
元々アルバイトメンバーとしてアイドマ・ホールディングスに入社して、半年くらい働いてから契約社員に、さらに1年と少しで正社員に、というちょっと変わった入社経緯があります。なので正直入社前と入社後のギャップはありません(笑)メンバーだった時から、社員の方が毎日全力で仕事に取り組んでいるなと思って見ていましたし、実際に正社員になってみると、思っていたよりもみなさん毎日全速力で過ごしているな…と。会社のスピードについていくだけでとても成長できますね。

 

現在までのキャリアフローについて
一番最初の入社時、アルバイトメンバーだった時から新しい事業部で、社員以外の人で会社の新規商談を作ろうという部署の一員として働いてました。契約社員になってからは新規商談作成チームを見ながら、品質向上委員会というアイドマのサービスの品質を担保するチームであったり、新しいアルバイトメンバーの採用・研修を行うチームを見させていただいてました。現在はサービス提供部門として、400社のクライアントの架電業務を1000人のスタッフに割り当てる業務を担っていたり、メンバーの満足度向上(ES)等、色々なお仕事に挑戦させていただいてます。

 

現在チャレンジしていることについて
クライアントへ提供するサービスの品質をより高めること、一緒に働いてくださっているアルバイトメンバーの方々がより働きやすい環境を作ること、バランスをとってどちらも高めていけるよう運用と仕組みの構築を行っております。同じ課の先輩方がいろいろと新しいことに取り組んでらっしゃるので、背中を見て学びつつ、バックオフィスを守ってます!

 

未来の仲間へのメッセージ
新しいことに挑戦したい人、自分自身を高めたい人、叶えたい夢がある人、いろいろな人におすすめの会社です。ここでなら他では手に入らない濃縮された成長を手に入れることが出来ますよ!ただいま女性社員大募集中です!笑

アイドマ・ホールディングス社員 長井 健太 コンサルティング営業

f:id:jpaidmahd:20210403190428j:plain

アイドマに入る前と、入ったあとのギャップについて
前職は食品の商社で卸や物流関係も行っていました。私はその会社で法人営業や企画といった仕事を中心に行っていました。
在職中にはキャリアアップも考えて約3年前に中小企業診断士の資格も取得しました。資格取得後はもちろん仕事にも活かしましたが、起業している友人などの経営のアドバイスもしたりしていました。その中でやはり営業や人といった経営課題を多いことに気づきました。自分自身ももっと経営に入り込んで支援できるコンサルを仕事にしたいと思い、アイドマに入社いたしました。アイドマ・ホールディングスは新卒入社でもすぐに活躍している人が多く、私も新卒からアイドマに入っていたらもっと成長できていたかもしれないと感じたのが率直な印象でした。

 

現在までのキャリアフローについて
アイドマ・ホールディングスに入社して半年間ほど経過しました。最初はアイドマの主要な営業チャネルである電話営業を中心に実施し、コンサルティングの機会を経営者から頂きました。
その後、中小企業診断士の資格や、法人営業経験もあったので、早期に商談機会を頂くことができ、商談をしながら空いている時間は電話営業を行ってました。
現在では新規商談と実際にお客様を支援することが中心となり、ほぼ外出していることが多いですが、チームのメンバーとは常に情報を共有したり、相談しながら仕事を進めています。

 

現在チャレンジしていることについて
私自身の引き出しを多く持つことを意識して仕事をしています。
新規商談などを任せて頂いた最初のころは自社のサービスをどのように提案していくか、自身で用意したプランをどのように提案していくかなどを考えながら商談をすることが多かったです。
最近では経営者の方の課題をしっかりとヒアリングした上で、その会社に合ったプランを提案できるよう意識してプラン作成をしています。もともと私自身がやりたかった経営者に寄り添ったかたちで支援するというスタンスに日々近づけていると感じます。

 

未来の仲間へのメッセージ
将来自分自身が起業してみたい方はすごくオススメな会社だと思います。日々中小企業の経営者の方とビジネスの話をする機会はそうそう得られるものではないからです。しかも経営課題で一番重要である営業戦略などを二人三脚になって支援できる仕事は他にはないと思います。
早く成長したい、起業するにしてもスタートラインを変えたい方などは是非応募して頂ければと思います。

アイドマ・ホールディングス社員 佐藤 弘幸 コンサルティング営業

f:id:jpaidmahd:20210403190324j:plain

アイドマに入る前と、入ったあとのギャップについて
前職では保険セールスとして8年間、営業に従事していました。BtoC営業ではありますが、前職では結果も出していたので、営業力には自信がありました。しかし、経営者の方々への営業活動は、前職とは比較にならないほどレベルの高い営業スキルが必要だったことに、大きなギャップを感じました。
ただ、そのギャップがあったからこそ、もう一度自分自身と向き合い、必死に努力することができたので、入社後1年でリーダー職へ、その半年後にはマネージャー職に就くことができたと思います。

 

入社してからこれまでの業務内容について
中途として営業チームに配属後、研修期間を経て、電話営業、展示会、交流会などのチャネルを駆使し、経営者の方へ商談機会を頂くための活動に専念しました。約半年後から、商談へ訪問する機会が増え、上司のアドバイスのおかげもあり、1人で毎月の目標を繰り返し達成できるようになっていきました。
その成果が認められ、入社後1年でリーダー職に昇進。自分自身ではなく、チームの目標を達成することが求められるようになりました。マネジメントを学びながら、チームメンバーとも協力し、昇進後1ヵ月目から半年間連続でチーム目標を達成することができ、今はマネージャー職に就いています。

 

現在チャレンジしていることについて
就労人口の減少において、アイドマ・ホールディングスが欠かせない存在になるために、お客様へ価値を伝えて続けています。日々、お客様と対話をさせて頂く中で、特に「営業職における就労人口の減少」が大きな問題になっていると感じます。
「営業を強化したいが、営業職が採用できない」「営業のノウハウが欠如しており、営業活動ができない」というお悩みを耳にするので、1人でも多くの経営者の方に、当社の「営業の仕組み化・外部委託」ということを知って頂きたいと思っています。また今後は、営業以外の業務に対するソリューションにもチャレンジし、総合的に経営のお手伝いができるよう精進していきます。

 

未来の仲間へのメッセージ
当社には、成長意欲の高い仲間が多いです。しかし、成長は決して楽なことばかりではなく、時に厳しく、いばらの道を歩むこともあります。ただ、一つひとつのミッションを達成し、難題を乗り越えた時の充実感や喜びは大きいです。切磋琢磨できる方と一緒に、当社のビジョンである「世界の可能性を広げる会社を創る」という目標を叶えていきたいと思っています。

 

アイドマ・ホールディングス社員 大嶋 優太 クリエイティブ

f:id:jpaidmahd:20210403190141j:plain

アイドマ・ホールディングスに入る前と、
入ったあとのギャップについて
アイドマ・ホールディングスに入る前はすでに他社の内定をもらってましたが、たまたまアイドマ・ホールディングスの社員と話す機会があり、今後の事業の方向性やビジョンに惹かれ入社を決めました。もともと大学在学中にインターンベトナムでの開発拠点の立ち上げなども行っておりましたので、アイドマ・ホールディングスではクリエイティブ部署の立ち上げにチャレンジしたいと考えておりました。入社後は、様々な部署や今まで経験できなかったことにもチャレンジすることができ、短期間で成長を実感することができました。

 

現在までの
キャリアフローについて
クリエイティブ部門の立ち上げを行い、徐々にエンジニアやデザイナーというクリエイティブ部門チーム作りや技術の内製化等を進めてきました。
現在は各チームの進捗管理やプロジェクト管理、新システムの開発などを進めております。

 

現在チャレンジしている
ことについて
アイドマは自社でシステムを開発しており、営業側とも密接に関係しております。また、どんどん新しい技術を発信しているため、日々クリエイティブ部門での勉強会の実施や、各プロジェクト管理して進めております。各メンバーの目標やスキルアップ機会を図るようにして、メンバーが成長して、会社としてよりよいものをリリースできる体制強化を行っております。

 

未来の仲間へのメッセージ
エンジニアやデザイナーは、どんどん新しい技術が生み出されております。その中で、自身で技術やスキルをキャッチアップする人や常にアンテナをはっている人がアイドマにはマッチすると思います。時にはゼロベースからプロジェクトがスタートすることもあるので、新しいことにチャレンジできる環境です。成長したい気持ちを持ってらっしゃる方にはとてもいい環境だと思います。